コンテンツにスキップ

ゴールドジュエリーについて

ゴールドの種類

(図はゴールドを使ったジュエリーの種類と特徴を大まかに示すものであり、尺度を示しているわけではありません)

ゴールドジュエリーの内訳

14K- 14K金を100%使用。金はやわらかい金属ですが、摩損や錆びに強いという特徴があります。

14K ゴールドフィルド- 14/20ゴールドフィルドを使用。最初の数字 14 は金の純度、後の数字 20 は基になる金属の重量の1/20の金が使用されていることを表します。つまり、14/20の14Kゴールドフィルドでは、基になる金属の重さの5%の14Kがコーティングとして使用されます。当店のゴールドフィルド商品は、ニッケル不使用の真鍮を基として、14Kの金を熱圧着させています。メッキと違い、耐水性があり、通常は一生長持ちします。お取り扱い方法により、長持ちする期間に差が出ますので、丁寧なお取り扱いをおすすめいたします。

メッキ- 金メッキのジュエリーは総重量の0.05%以下です。摩耗しやすく、水にあまり強くありません。

ゴールドフィルドとは?

メッキが極薄フィルムなのに対し、ゴールドフィルドは14K金が表面に層をなしており、ゴールドとメッキの間を取った形の費用対効果に優れたジュエリーです。

ゴールドは高価ですが、ゴールドフィルドのジュエリーはゴールドと同じ見映えでありながら、費用を抑えた選択肢と言えます。

ゴールドフィルドは錆びますか?

純金と同様、ゴールドフィルドが錆びることは稀です。過酷な環境下では錆が生じる場合がありますが、通常ポリッシュクロスで軽く擦れば簡単に落とせます。

ゴールドフィルド vs シンプルメッキ

基になる金属を覆う金が、ゴールドフィルドでは厚い層、メッキでは非常に薄い膜となっております。

なぜ金のカラット数に違いがあるのですか?

金のカラット数は、金の純度を表します。24Kを100%純金として、それより低いカラットの金には、強度を増すために他の金属が含まれているのです。金は容易に変形する金属ですから、24Kは簡単に変形してしまいます。そのため、ジュエリーでは多くの場合、22K以下が使われます。金の純度が高いほど柔らかくなります。

すべてのカラットは24を分母に表されます。ご参考までに、以下にいくつかご紹介いたします。

22Kゴールド 22/24 (純度91.7)

14Kゴールド 14/24 (純度58.3)

9Kゴールド 9/24 (純度37.5)

 

 

Article by Sakura Milk Jewelry サクラミルクジュエリー 

日本語